お店のディスプレイに欠かせないスタンドポップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショッピングへ行くと、商品といっしょに必ず目にするものがあります。店先に並ぶ商品に添えられたポップです。ポップとは、Point of purchase advertisingの略で、購買時点広告を意味します。
広告というと、チラシやダイレクトメールなど、店外に向けて広く発信されるイメージですが、ポップは店頭や店内、店まわりに設置されます。多くは立てて設置するスタンドタイプで、消費者が商品を購買する場所に掲示されます。
見る人に商品の特徴を詳細に伝え、お店のカラーをPRするスタンドポップは、来店者の興味をそそり、購買意欲を高めます。店舗のディスプレイと販売促進には欠かせない存在です。店員に代わって、商品を説明する役目も担っています。季節限定品や特売品にも効果を発揮します。

ポップあれこれ

ポップ広告には、さまざまなタイプがあります。一般的に普及しているのは、商品名と価格にキャッチコピーを付けたプライスタイプです。値札の発展系であり、カード型、プライスレールに差し込む立体型などが、これに相当します。コピーを更にふくらまし、セールスポイントを強調したものも見られます。
アピールしたいコピーの分量が多いとき、活躍するのはスタンドポップです。文字通り、立てて置くスタンドタイプは、融通が利き、フレキシブルに活用できます。店舗がオリジナルのポップ戦略を練るなら、スタンドタイプに注力すべきでしょう。その他、ゆらゆら揺れるスウィングタイプ、マットのように床へ敷くフロアタイプなどがあります。

形もサイズも素材もいろいろ

スタンドポップは立てて置くという原則がありますが、形やサイズ、素材は自由に選択することができます。小さなものなら、テーブルやカウンターの上に置いて使います。大きなものなら、床に直接立てて掲示します。置くタイプであるため、平たい底面になるか、背面にスタンドが付きますが、形のバリエーションは至って豊富です。大型であれば、等身大サイズや着ぐるみを再現したものを作ることも可能です。
商品を入れて設置するジャンブルボックスという形式もあり、店舗のスペースや商品展開に応じて、スタンドタイプの発想は無限に広がっています。紙はもちろんアクリル、スチレン、スチールやガラスなど、用いる素材も多彩です。このため、スタンドタイプのデザインには各店舗の個性が強く表れ、他店と違う魅力を伝えられるようになっています。

ピックアップ記事

スチレンパネルのスタンドポップ

店舗のポップ戦略では、形や大きさを含め、個性的なデザインが勝負を制します。プライスレールに差し込んで掲示する場合、どうしても平面になりますが、立体的なスタンドタイプであれば、フリーカットの面白い造形を...

紙製のスタンドポップ

商品を買う客に向け掲示する店舗のポップ広告は、さまざまな形や素材、設置方法で展開されています。総じて、値札にプラスアルファするカードタイプ、テーブルやフロアに立てて設置するスタンドタイプが代表的です。...

フリーマーケットのスタンドポップ

ヨーロッパ発祥の蚤の市は、1990年代以降、フリーマーケットとして日本に定着しました。フリーを英語表記するとflea、ノミのことです。元来、「ノミがたかるような古いものを売る市場」を意味しています。ヨ...

書店のスタンドポップ

本が書店で売れないといわれる時代に、威力を発揮するのがポップ広告です。日夜発行される大量の本のうち、何冊を客が手に取ってくれるのか、書店の販売員は頭を悩ませています。本の具体的な内容は、実際に読んでみ...